※プロモーションを含みます あらすじ・ネタバレ ブギウギ

ブギウギ24週のあらすじとネタバレ『事件』

2024-01-29

2023年度後期の朝ドラ「ブギウギ」。

この記事では朝ドラ「ブギウギ」第24週のあらすじ内容をまとめています。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ブギウギ第24週のネタバレとあらすじ

1951年11月、羽鳥善一の作曲2000曲達成を記念する大規模なパーティーが開催され、スズ子や茨田りつ子がラインダンスを披露して羽鳥を喜ばせました。

4年後の1955年6月、小学生になったスズ子の娘・愛子は、有名人の子として周囲からいじめを受け、友達ができないという悩みを抱えることに…。

事件

その頃、スズ子の自宅には脅迫状が届きます。

その内容は、

「娘を誘拐されたくないなら3万円を要求する」

というものでした。

この事態に対応するため、スズ子は愛子の安全を最優先に考え、彼女の外出を禁止しました。このため、愛子はようやくできた友達との遊びの約束を果たすことができませんでした。

娘との絆

幸いにも、脅迫状を送った犯人は逮捕され、誘拐未遂に終わりました。

しかし、衝撃的な事実が明らかになりました。犯人は愛子が友達となった少年の父親だったのです。少年の父親が逮捕されたことで、少年は転校することになりました。

愛子が少年との別れを告げる姿を見て、スズ子は娘が優しい心を持って成長していることを深く実感しました。この一連の出来事は、スズ子と愛子の母子関係に新たな一面をもたらしたのでした。

 

<<前週 第23週|次週 第25週>>

ブギウギ|あらすじとネタバレ TOP

 

こちらもCHECK

 

-あらすじ・ネタバレ, ブギウギ

テキストのコピーはできません。